設備の建築化
建築化照明
この例は、ダウンライトを外壁の中に埋め込み外側に円形のガラスブロックを入れた建築化照明の例です。使っている材料はダウンライト以外は通常の建材です。でも出来上がると特殊な照明のように見えます。

建物をデザインしていて困るのが、自分の建築デザインにあった照明が無いことです。私はその為、よく建築化照明を取り入れます。ローコストで、他に無い1品生産品で、効果が抜群なため、大変に喜ばれます。

▲ベージ上部へ

■パソコンを家具に仕込む

都留市の図書館では、ハイブリッド学習コーナーというスペースにパソコンを内蔵した木製スクリーンを設計しました。建築化するのは建築設備だけでなく、パソコンでさえも可能な例です。これは比較的特殊な例ですが、物の寸法、配線方法、メンテナンス方法等が理解できていれば、家具でなくても建築の造作材レベルでも可能です。

この時のパソコンなのですが、制作はカスタムパソコンメーカーが行いましたが、中身の設計は私が行いました。ちなみに私の事務所のパソコンは全て自分で作っています。この写真は、メンテナンス用の扉を開けた部分です。スライドレールで軽々とパソコンが引き出されます。

つぎの写真が全ての扉を閉めて、木製スクリーンとした状態です。パソコンは右手前のスクリーンこぐちに入っています。全ての扉は押すと飛び出してくる仕掛けとなっています。
そして最後が利用している状態です。パソコンを利用しない時は静かにゆったりとした椅子で本を読むスペースです。

このブースは中央に柱状のジョイント材を入れてありますので、単体でも2台、3台でも使うことが出来ます。

このような住宅創りを実現することのお手伝いをします。

知的(Intellectual,Intelligent)で情報技術(Information technology)
そしてデザイン(Design)・・・・個性(
Identity)

にこだわった家・・・・I/D−House

と言うオリジナル企画提案型の住宅です。