津看護専門学校
津市内にある病院が施主となり、看護婦を養成しながら自らの病院の看護婦不足も補うことが目的で建設されました。学生ホールは明るく、広くゆとりを持たせた空間としている。天井も高く変化に富んだデザインとしています。 カラーコーディネーションに充分な時間をかけ、全体的に柔らかで女性的な雰囲気としています。建物全体の家具コーディネートも行っています。当初は国産家具のみの予算でしたが、全体のメリハリをつけることで、輸入家具の名品を共用部に設置することが出来ました。
トップページへ
学生ホール


情報学習室

玄関ホールのナイチンゲール照明
講堂兼体育室